スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年03月04日

東京マルイM19カスタム③ ライブカート(リアルカート)化


今回で3回に分けたM19のカスタムは最後です

今までの経緯 
M19レビュー
弾速比較


M19カスタム
①パンチアップバルブ交換
②インナーバレル交換




今回使うのは

Rainbow Lagoon製
東京マルイ M66/パイソン用ガスカートリッジ 357 ATC (ADVANCE TRANSFORMATION CART)



M66用と記載されていますがM19にも問題なく組み込めます







カートは真鍮製で良い感じに重みがあります、弾頭は亜鉛メッキの別パーツでマルシンのXカートリッジよりも凝った造りになっています



カートは合計6パーツで構成されています、内部にはスプリングが組み込んであり、装填時に縮んでピッタリとハマる事で隙間をなくす仕組み

ただし、気がついたらネジが勝手に緩んでいる事が多いのでたまにチェックした方がいいです






組み込み方法はこのブログでも紹介しますがレインボーラグーンのホームページにも記載されています
http://www.malugo.com/rainbowlagoon/357atc.pdf




まず、写真には映っていませんがシリンダー下のネジを一つ外しシリンダーごとヨークを引き抜きます









そして軸を固定したままシリンダーを回せばシリンダーが外れます、スプリングやワッシャーも一緒に外れるので注意してください









カートリッジを外側の黒い部品と内部の金色の部品が挟み込んでいるので金色のパーツをマイナスドライバーで外します









そうすれば中の純正カートリッジが取り出せます

細かいパーツが多いので紛失に注意して、もしも組み戻す場合の為に保管しておきます









これで作業は完了です

純正カートリッジ以外を元に組み立てます、カートも問題なくスルッと入り、ガタつきもありません












カートの頭にOリングがあってBB弾を保持します、純正時よりも奥まった位置で保持するの比較的目立たなくなります











そして、運命の弾速計測



24m/s→49m/s














































M19の初速の低さはガスルートの悪さが一番の要因だと考えていたのでこの結果は大体予想通りでした。

しかしインナーバレル交換時の初速の低さの原因がわかりません、考えられるとすればパーツがキチンと組み込めていなくて何かの拍子にハマったとかかな?







これなら夏場であれば目標の50m/sも出そうです、M19は中々の問題児でしたがカスタムすればそれなりに使えるエアガンになってくれました

今年の夏はこの新しい相棒と室内戦にでも挑みますか!







  

2014年03月02日

東京マルイM19カスタム② インナーバレル交換



前回から引き続きマルイM19のカスタムを行います


前回→東京マルイM19カスタム① パンチアップバルブ交換
1日に行ったカスタムを分割して記事にしています





今回はインナーバレルの交換を行います。
交換するのは

KM企画
TNパーフェクトバレル 4インチ マルイ M19/M66

真鍮パイプに特殊テフロンニッケルコーティングが施された物で内径も内径6.04mmになり、初速アップが狙えます。







インナーバレルの交換方法ですが、まずサイト側からのの分解が必要です。
リアサイトを調整ネジごと取ってその下に隠れてる小さなネジを取れば写真の状態になります、たぶん カスタムしたのが実は年末だったからうろ覚えだなんて言えない


分解時にサイト調整用の小さなバネが出るのでなくさないように気をつけて下さい。










ネジさえ外してやれば後はスポッとアウターバレルごと引き抜けます









アウターバレルごと外したらフロント側から押し出せば簡単にインナーバレルも取り外せます









チャンバーは固定ホップで特に苦労することもなく分解できます。

上がマルイ純正
下がKM企画

KM企画が若干長いように見えますが同じ長さです。
パンチアップバルブもそうだけどKM企画の金属は新品でも若干くすんでる?


元に戻し方も分解と同じ手順なので特に苦労はしないと思います。









弾速測定



31m/s→24m/s










































③に続きます  

2014年02月27日

東京マルイM19カスタム① パンチアップバルブ交換


今回からマルイのM19のカスタムを行って行きます。まとめて書くとメンドクサイ長くて読む方が疲れるので記事を3回に分けます

これまでの記事はこちら
M19レビュー
弾速比較



分割予定は
①パンチアップバルブ交換

②インナーバレル交換

③リアルカート化


今回は①のパンチアップバルブ交換を行います


カスタムで弾速変わるので今のうちにもう一回ノーマルで初速計測しときます

前回の34m/sが低すぎたから、購入直後だったし何か条件悪かったのかな?
今日は50m/s出たりしないかなー
ちょっと期待しちゃう!











34m/s→23m/s





























わけがわかりませんが、原因がわからないので記事を続けます・・・


パンチアップバルブの交換にはガスタンクを取り出す必要があるのでグリップから分解していきます

まずはグリップのネジを両側一つずつ外します、モナカ構造ですがハマっている凹凸が多くて意外と固かったのでマイナスドライバーでこじ開けました


ブレてるのは下手クソが撮るから仕方がないのです・・・










オープン

グリップの中はまさかの錘だらけ!

本体プラの割に重いからガスタンクがデカイのかと思ってたけどこういうことですか・・・
ガスタンクの周りに金属がこんなににあったら寒い日は手でグリップ握ってようがまるで温まらないじゃないか(ノД`)



しかし、逆にこれだけスペースがあれば錘を極小カイロ?にでも交換したら結構温度保てるんじゃないかな、なにかいいアイディアでもないものか…










ここからハンマーとトリガー周りのネジを4つ外してプレートをめくればガスタンクが外れます。

が、複雑すぎ!










触らぬ神に祟りなし、壊した時の為に写真だけ撮って気をつけてガスタンクを取り出します


後は金色のマイナスネジを外せばバルブが交換出来ます。











今回使うのは
KM企画 TNパンチアップバルブ マルイ M19/M66 2.5/4/6インチ共用



左がKM企画  右が純正です
見た目の差はほぼありません、うっかりするとどっちか分からなくなるレベルです
仕組みは分からないですがこれでガス放出量が増えるらしい


ピントが合ってないのも下手クソが撮るから仕方がありません、諦めてください!





後は気休めに気密アップの為にグリスアップして
同じ手順で元に戻します、プレートを戻す時に若干ハマりにくいのでバラバラにならない様に気をつけて下さい。






これでもう一度弾速計測!

















23m/s→31m/s

約8m/sアップ!
正直、5m/s上がればいいかな、ぐらいに思ってたので予想以上の効果にビックリ
まぁ値段相応のパーツでしょうか
燃費悪くなるだろうけどライブカート化したら6発しか撃てないしもうどうでもいいけどね





続きはまた今度です

  

2014年01月23日

趣味エアガン弾速比較&簡単レビュー



以前までのあらすじ



マルイのM19を購入するものの弾速の低さが信じられず絶望
未だに信じられないので所持している他のハンドガンと弾速比較する事に



あらすじ終了







比較するのはこちら、上から

マルシン 
  6mm Xカートリッジ仕様 アンリミテッドリボルバー BK HW

    K.T.W 
      フリントロックピストル

        マルシン 
          6mm デリンジャー Value Spec. BK


計測条件はM19の時と同じ

EXCELバイオ0.2g
気温16℃
適正ホップ




簡単にレビューをして、最後に弾速測定を行います
完全に誰得な比較対象ですが私の自己満足なんで我慢してください!!







1つめマルシン アンリミテッドリボルバー
現在上下レイルは外しています、

素材はヘビーウェイトというプラスチックに金属粉を混ぜたもので感覚としては重いABSといったところです。
グリップはプラスチックで中空洞なのでレイルがなくてもフロントヘビー



ダミーカートはマルシンのXカートリッジ、金属製で重量あり



カートの頭に弾を装填しますがマルイのM19よりは目立たないかな




それでは、弾速測定

60m/s!確か夏に購入した時もこれくらいだったから、やはりこのくらいの気温なら影響はないようです



HWのおかげで重量感があります、上下レイルもあるのでカスタムしてフィールドに行けばなかなか人気者になれます
ただし、私の購入した物は1週間ほど弄っていたらハンマーコックとシリンダーの調子が悪くなりました、
分解するも原因がわからず、今はほぼ飾っているだけ
その点はマルイのほうが動作がしっかりしていて良いです








2つめK.T.W フリントロックピストル

他に見ない特徴的なエアガンです。見た目に惚れて購入


エアーコッキングガンなので気温に影響されません
シルバーは金属、本体は木目調のプラスチック
バランスもよく意外と構えやすく装填数は12発
サイトがないので感覚で撃つことになりまが慣れると結構普通に当てることができます



インナーバレルはギリギリまで伸びて樹脂で固めてあります、これがよく当たる理由かな?




シルバーもよく出来ていて実銃同様に稼働します、






弾速計測

アンリミテッドリボルバーとほぼ同じ、この特殊な銃でこれだけ出れば十分でしょう



見た目は完全に趣味の銃です
しかし意外と性能も高く、連射は出来ないですが室内戦ではヒットを取ることもできました
見た目に惚れた方にはオススメです、個人的にこの銃は非常に気に入ってます
アサシンコスとか楽しそう・・・







3つめマルシン デリンジャー

3000円くらいで買えるお手頃趣味銃です、小さくてもガスガンです

本体はプラスチック、グリップの滑り止め、ハンマーは金属製
実銃にはないセーフティもあるので安心


装填数はもちろん2発、上下交互に発射されるようになっています。






気になる弾速は!


小さい割には十分出ていると思います、
装弾数2発なので流石に基本的にはゲームに使えないでが、屋内戦で弾が切れたときの最終手段として隠し持っておくと結構楽しめます







<結果発表>


アンリミテッドリボルバー≧フリントロックピストル>デリンジャー>>M19






完全にM19の敗北!!!
まさかデリンジャーより低かったとは・・・



初速アップを狙ってパーツをamazonで購入
たまにamazonでサバゲー関係をまとめて購入しますが送料やら発送タイミングがバラバラになるし値段も高いのが多いので不便です



まさか初ハンドガンカスタムがリボルバーになるとは・・
こちらも追ってレビューを行います







余談ですが本屋でTOYGUN DIGEST2014
という物を発見したので購入、2000円也


中々印象的な広告





中身はトイガンを国内メーカー800丁、海外メーカー100丁にわたって紹介するトイガンの図鑑です、
最新のガスショットガンからエアコキまで載ってるのでパラパラ眺めているだけでも面白いです。
トイガンと書いてますが実際書いてあるのはエアガンのみです、モデルガンはありません


他にも初心者向けに
電動ガンとガスガンの違いやメリット等も記載されているので
初心者の方には非常にオススメです




適当に何枚か







  

2013年12月17日

東京マルイ S&W M19 4インチ レビュー



本日のレビューはこちら

 東京マルイ S&W M19 4inch


ボーナスも出たし、OGCで今度コスプレイベント戦もあるみたいだから今度のゲームではコスプレでもしてみるか!
ということでこの時期にガスガン購入です




コスプレ予定はインディージョーンズです、

このために革ジャンもで買ったし、帽子とムチとおまけにクリスタルスカルをamazonで購入
あとは銃でしたが流石にインディと同じ物はゲームだと傷がつくし、値段的にも手を出しにくかったので断念

マルイのリボルバーは24連射できる変態機構を備えてるし、これならサバゲーでもギリギリ使えるだろうと思ってこれを選択






箱を開けるとシックな布が敷いてあります、その下のちゃっちぃ発泡スチロールは見なかった事にします
なかなかカッコイイです、このまま箱ごと飾ってもいいくらいの見栄えです

付属品は説明書とBB弾、ターゲットペーパー、クリーンロッド、エジェクトシャフト



本体は基本プラスチックでグリップはフィンガーチャンネル付きのラバーグリップで握りやすいです
リアサイト、ハンマー、サムピース、トリガー他諸々は金属製です

写真ではわかりにくいですが
プラスチックの色がなんというか群青というか青銅のような色合いをしていて個人的にはこの色気に入ってます



インナーバレルはギリギリまで出てます、ちょっと金色が目立ってるのが気になるなー


シリンダーにはカートリッジ一つにつき4発装填できます。


ガス噴出側のシリンダーにはダミーカートがあり、刻印もあります
リボルバーはこのアングルが一番好きなのでこれは嬉しいです。

ハンマーコックはカチッとしっかり出来るからコッキングだけでも楽しいです



装填すると弾がちょっと見えてくるけど
どうせ撃ってる時は見えないから(・ε・)キニシナイ!!



はい、それではお待ちかねの弾測定~

測定条件

ダブルアクション
EXELバイオ0.2g
気温16℃
室内無風状態


気温低いし、まぁ24連射は無理だよね
でも初速50m/sくらいなら多分でるよな



これさえあればコスプレサバゲデビューさ!
























え?


(つд⊂)ゴシゴシ



よ、よしきっと計測ミスだもう一回・・・・










ひ、低すぎる

噂には聞いていましたが10禁エアコキと同じくらいじゃないだろうか
多分この初速の原因は冬場でガス圧が足りないのとインナーバレルの短さ、ガスルートの悪さが考えられます。

これでは室内戦にもろくに使えないなー
調べたところどうもダミーカートリッジ式に変えると少しはマシになるみたいです、

今度ダーミーカート化してみようかと思います。そちらは後々またレビューでも行います
初速低過ぎるからゲーム使用は無理だけどコスプレにはなるからいいか




総評

24連機構は画期的で面白いですがそれを利用出来るだけの初速が足りないから夏場の室内戦くらいにしか使用できないでしょう。

素材はマルシンとかのHWと比べるとプラスチックなので劣り、ダミーカートでもないのでリアル派の方には微妙かと
サバゲー用にしては初速は低く、リアル性も他メーカーと比べて低いのでかなり中途半端な位置のリボルバーかと思います、
動作不良等はなさそうなので、とりあえずリボルバーが欲しいという方には値段も安いのでオススメです。















~数日後~

チーム参加の予定でしたが人数が集まらないのでコスプレ戦参加は中止になりました





  

Posted by KEI at 22:25Comments(2)S&W M19

2013年12月06日

マイエアガン紹介 東京マルイAK102 外装カスタム



はい、今日も絶好調ですね!







今回紹介するマイトイガンは 東京マルイAK102です



現在のカスタム
 外装   ・東京マルイ  AK74MN用アッパーハンドガード
                 AK74MN用マズルブレーキ

       ・UFC   マルイAK74MN用G27タイプピストルグリップ
 

       ・戦民思想 次世代AK用ストックパイプアダプタ
 

       ・BIG DRAGON  FAB DEFENSEタイプ GL-SHOCK AR15ストック

       ・エレメント  C-MORE RAILWAYタイプ レフレックス ドットサイト

       ・ノーブランド  FAB DEFENCEタイプ
                 PTKエルゴノミック・ポインティング・グリップ
                バーサタイル・タクティカル・サポート(VTS)
 

 バッテリー  ・ET-1 レッドラインLiPo 7.4V 2000mAh






カスタムのコンセプト(笑)としてはPMC仕様のタクティカルAKです。






マルイのAK102は実質マルイのオリジナルカスタムなので好みでないハンドガードとハイダーは74MNのパーツを注文して交換しています、



102は74MNがベースなのでポン付け可能です







パッと見の特徴はストックとグリップですね

私は戦民思想の次世代AK用ストックアダプターでM4タイプストックチューブを取り付けいます、

グリップにはUFCの74MN用グリップを取り付けています、加工しないと付けられないと聞いていましたが私はポン付けできました。



これだけでかなりタクティカルな見た目になるのでいい感じ






ハンドガード下にフォアグリップの代わりにエルゴノミック・ポインティング・グリップ でサイドにはバーサタイル・タクティカル・サポートを取り付けることで抜群に構えやすくなるのでオススメです、

マグプルのAFGの亜種ですがこちらの方がフィットする気がします



銃がメタルフレームなので結構な重さですが構えやすいとそれだけ腕の負担も減るので効果は大きく感じます。



しかしエルゴノミック・ポインティング・グリップバーサタイル・タクティカル・サポートは何回聞いても覚えられないです。

誰がこんな覚えにくい名前にしたのやら

フィールドで他に使ってる方を見たこともありますがその方も「これ」とか「キモカッコイイフォアグリップ」て言ってました、


やっぱり誰も覚えてないじゃん






内部に関しては箱出しで92m/sと充分な性能なので今回は触ってないです。

初めてマルイの次世代を買いましたがやはりリコイルあると撃ってて楽しいですね、私はサバゲーは基本的にはPMCスタイルなのでPMC仕様の銃があるとやっぱりサマになります。

欠点としてはストック交換もあって3kg超えてるので軽装が好きな私は1日構えてるとかなり疲れてしまいます






-余談-


ちなみに私はこれを再販を心待にして2ヶ月前に予約したものを当日にショップの開店ダッシュで4万叩きつけて引き取りに行って、

同じくAK102を欲しがっていた知人に見せびらかして自慢していましたが、





~1週間後~


ショップでビンゴ大会開催

知人ビンゴ出る

偶然景品がAK102

知人タダでAK102ゲット!