スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年03月30日

CAW製 60Pモスカートレビュー



今回は先日ピストルグレネードランチャーと一緒に購入したモスカートのレビューを行います

ピストルグレネードランチャーの記事→ピストルグレネードランチャーレビュー



購入したのは
CAW(craft apple works) 40mm MOSCART 60P



モスカートというのはCAWの登録商品名で類似品が多数ありますが正確にはCAW製のみがモスカートという名前です

タイラップやベルクロと同じように商標の普通名称化してしまいました




海外製で安価なガスグレネードもありますが、ガス漏れの話もよく聞くので少し割高ですが安心の日本製に決定!
60Pは60発装填タイプで他に30Pや168PがBB弾発射タイプがあります

他にも映画撮影用のガスのみ噴出するプロップガンというものもあります








※梱包状態でも保管用にガスだけ充填された状態なので最初の取り扱いには十分注意して下さい!

※モスカートはフィールドによって使用禁止やセーフティー持ち込み禁止なので使用する際はフィールドレギュレーションをよく確認しましょう!
 BTTLE ZONE とUF_Guardianはセーフティー持ち込み禁止です









本体以外にはマニュアルが付いてきます、
私はスキャンするのが面倒なので皆さんが頑張って読んで下さい












本体は全て金属製でガスガンのマガジンくらいの重さがあります



先端の金のバルブからガスを注入します、BB弾を装填する穴は12箇所あり、各5発づつの計60発装填出来ます










裏面にはCAWのプリントとスイッチがあります、若干凹んでいるので気休め程度に暴発は防げそう

中心の穴はリロードツールに使います











ネジ式構造で工具がなくてもここまでは簡単に分解出来ます













バレルにOリングが仕込んであり、これで弾を保持します

ガス室は7センチも奥行きがありますが連射するわけではないので気化ガスで充満されればOKです、マニュアルによると約2秒でいいそうです














ピストルグレネードランチャーにもピッタリ収まりました、ピッタリすぎて少し抜きにくいですが・・・












弾頭が少しだけ見えて長さもいい感じです、でもロングタイプのモスカートだとはみ出るかもしれません










発射後は最後部のバルブを適正位置に戻す必要があります、手だけだと中々上手くは出来ませんでした

一応リロードツールというものも一緒に購入しておきましたがこれがあると無いとではやり易さ全然違うので購入をオススメします








ちなみにモスカートのメンテナンスは約10回使用ごとが目安となっているので、よほど使わなければ1日もちそうです

メンテナンスにはシリコンオイルではなくモスカート用のメンテナンスオイルを使用する必要があります








そして3月23日にバトルゾーンで使用してきましたよ!!

当日の記事→3月23日バトルゾーン昼戦参加


ホルスター代わりにいつものレッグリグにテキトーに放り込んだだけですが脱落することもありませんでした






ゲーム中に4回程使用したした結果ですが!














まぁ















うん

















はい

























私が無能なばっかり1ヒットも取れないままにガスと弾を無駄遣いしてすみませんでしたぁぁ!!








4回程ゲーム中に使用しましたが中々難しかったです、水平撃ちで10m、曲射で20mぐらい飛距離がありました

弾は60発が50センチくらいの塊で飛んでいくのでバリケードから体を出しているけどゆっくり狙えない相手には一瞬で攻撃出来るので便利でした

まぁなぜか皆さん鋭くてことごとく撃った瞬間バリケードに隠れられてしまったんですが・・・・






撃った時は ポン!・・ズシャ! みたいな撃ち心地で初速が低い分目標までの到達に時間がかかり、結果隠れられてしまいました







しかし、一撃必殺出来る武器の使いどころを考える、というシチュエーション自体がグレネードの購入目的のようなものだったのでそれが味わえただけでも楽しかったです!









  
タグ :モスカート

2014年03月27日

ピストルグレネードランチャー レビュー

今日は先日購入した40mmモスカートに対応したピストルグレネードランチャーのレビューです


そろそろ暖かくなってガスも使えそうな時期にもなったので以前から考えていた新兵器として購入してみました




フィールドではたまにモスカートを持ってスイッチを直押ししてる人を見かけますが個人的にはロマンがなくて微妙、でもM320とかは重すぎて銃に付ける気にならないので軽量で最低限のピストルタイプにしました



AABB製の方がメジャーですが購入したのはS-Thunder製で正確にはピストルグリップランチャーという商品名です


今回は購入したショートタイプ以外にも20mmレールの付いた物やロングタイプがあります
S-Thunderは他にも踏むと仕掛けた粉が吹きだすサバゲ-用の地雷も作っている中々ユニークなメーカーです







付属品はマニュアルと本体のみ









マニュアルは英語のみですが簡単な造りなので読めなくても問題ないと思います








本体は樹脂製でマガジンなしのガスハンドガンと同じくらいの重さです、500gくらい?



見た目がラピュタで出てきたドーラ一家やパズーが使っていた物に似ています






後部にはS-Thunderの刻印があるのくらいでシンプルな見た目










セーフティー機能もあるのでゲーム中に暴発する恐れはありません、スライド式でクリックが効くので勝手に外れることもなさそうです













トリガーの上のスイッチをスライドすることでブレイクオープン出来ます









このやっぱりグレネードはこのオープンしてからのリロードがないとね!











トリガーを引くと突起が出てくる事でモスカートのスイッチを押すだけのシンプルな構造です、セーフティー時はトリガーがロックされます










AABB製と違って樹脂製で軽く、グリップも丁度良い角度なのでハンドガンと同じ感覚で構えられます

サイトがないので勘で撃つしかありませんがグレネードだし別に大丈夫でしょ!



これ自体は複雑なギミックがあるわけでもなく自作出来そうな構造でハンドガン1丁近い値段がするのでモスカートを使いたいだけだとあまりお買い得ではないかもしれません



グレネードはロマン武器だと割り切って購入する分には楽しい一品でした









今回はここまで!

長くなるので使い心地はモスカート編に続きます




  

2014年03月23日

3月23日バトルゾーン昼戦参加

本日はバトルゾーンの昼戦に参加してきました

参加者の皆様お疲れ様でした







本日はいつもどおりミリブロ仲間の奈良漬けさんとご友人2名とご一緒させて頂きました!


写真は3人ですがあと一人いらっしゃいました。いやー人数多いと会話も弾んで楽しいです



奈良漬けさんはGoProで動画撮影されているのでゲームの様子は奈良漬けさんのブログでどうぞー

奈良漬けさんのブログ→趣味の部屋






今日の参加人数は40人で今日も満員でした、天気も快晴で地面も濡れてませんでした。
バトルゾーンの黄色い土は粘土質で装備に凄い引っ付くんで掃除が大変・・・









そうそう、2月に来た時と違って手前スタート側にバリケードが増設されていました





このセーフティーから延びている単管が防衛線時の防衛側の進撃可能ラインとなります





右側は赤いカラーコーンまでがラインになっています


前にブログでバリケードが少ない事を軽く愚痴った直後に速攻で増設されてました。
流石ですワンショットさん

これで防衛側も守りやすくなったのでいい具合に防衛線の突破が難しくなりました







それと今日のゲームでは同じ奈良県のミリブロガーの妄想戦士さんお会いできました!

色々お話させて頂いて特に装備関係の話が知らない事ばかりで面白かったです
友人の方も装備収集されているので今日は装備トークが凄くて凄くて、値段の話で基本単位が円じゃなくてドルだったのが印象的でした(笑)

ヤフオクにも色々出品されているので装備に興味にある方はどうぞー
妄想戦士さんのブログ→妄想戦士の暴走ブログ







そしてあれですね


私の装備知識の無さがいい感じにバレました



まぁこの時期にPCU level5を着ている時点でお察しですが…










それと今回は新兵器を投入してきました























でもその話はまた今度!

  
タグ :BATTLE ZONE