スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年02月24日

東京マルイGlock17 ラバーグリップ取り付け






さて今日も引き続き東京マルイグロック17カスタム編です!

これまでの記事

アウターバレル交換
フレーム交換



前回の記事でスライド交換を予告をしました・・・!



が!すみません、順番の記憶違いでした!

今回はラバーグリップカバーを取り付けます・・・






大人は嘘つきではありません、間違いをするだけなんです・・・!

ぶっちゃけ8ヶ月も前の事なんか覚えてねぇよ・・・・(´◉◞౪◟◉)















今回使用するのはこちら、パックマイヤー製【グロック17用 タクティカル グリップ グローブス】



私にとってはP226の時も使用しているお気に入りのラバーグリップカバーです









P226の物と違ってフィンガーチャンネル部分がくり抜いてあるのが特徴的です













ラバー製なので若干の伸縮性はありますが、伸ばしすぎると裂けてしまうので注意して取り付けます



うーん、黒だらけですが情報量が増えて中々良い感じです(*‘ω‘ *)








正直、純正のサムレストは構えた時に変に段がついて握りにくかったのですが、今回のカバーのおかげで段差が埋まって少し握りやすくなりました



でもフィンガーチャンネルが無くなったので咄嗟に抜いた時に指の位置が定まりにくくなったように感じます











欠点としてサムレストにカバーが一部被さってしまったので天端を少しだけ斜めにカッターで切り落としました









元のグロックのフレームが握りにくい人には良いかもしれませんですが、人によってはフィンガーチャンネルが無くなるので握りにくくなるかと思います




前回フレーム交換で実物刻印にしたのにカバーで隠れて殆ど意味がなくなりました(´;ω;`)

カバーを取り付けることで握り具合がかなり変化するので、純正に不満が無ければ弄る必要はないでしょう








次回こそはスライドを交換しますよー!








  

2015年02月19日

東京マルイGlock17 フレーム交換




さて、今回は10月ぶりのグロック17カスタム記事ですよ!(∩´∀`)∩


うわぁ前回の記事から4ヶ月も経ってしまいました・・・(゚Д゚;)








前回はアウターバレルを交換しましたが、今回はフレームを交換してみましょう



FGは個人的に好きな色ですが金のアウターバレルとは似合わないので変えてしまいます











で、使用するのはこちらGUARDER製東京マルイグロック17用、ブラックのフレームです



EURO向けの刻印がモールドされており、素材も実銃と同様のナイロンファイバーが使用されているそうです








取り出してみた感じではそれほどマルイ製と違いは感じませんが

表面の質感が若干マットになっており、剛性が高くて軋みが少なく感じます








刻印もよく観察するとASGKやマルイが消えてユーロ向け用実パーツと同じになっています






刻印の彫も深くなっていてしっかりしています










グリップ部の梨地もマルイと比べると細かく、滑り止め効果は若干高い気がします












で、手順は省略してサクッと交換!

手順を書き出すと終わらないので知りたい方は適当にググって下さい(*‘ω‘ *)



時間的には2~3時間くらいだったかな?



特にすり合わせも必要ありませんでした

マガジン挿入時の出入りが少し悪い気がしますが、何回も抜き差ししたら少しマシになりました










一見するとただのグロックですが、サムレストと金のアウターバレルがオシャレでカッコイイです







FGと金は微妙でしたが黒は中々いいんじゃないですかね?










うーん、色は悪くないんですが元のヒートホールのデザインが微妙です



個人的な意見ですがマルイのスライドはどうにも一本30円のソーダバーアイスみたいに丸くてテカッてダサいです(´・ω・`)








ということで、次はスライドを社外製の物と交換しますよ!











更新が既に4か月遅れてます、すみません(; ・`д・´)

これからもマイペース更新になりますが暫くグロック17編が続く予定です、よろしくお願いします















まぁ、カスタムしたのは8ヶ月前だから4ヶ月くらいどうってことないですね!!('ω')