スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2014年01月31日

サバゲー漫画 これからコンバット

最近ちょくちょく耳にするこれからコンバットという週間漫画TIMESで連載中のサバゲーを題材にした漫画を購入して見ました。

中身は表紙ほど過激な表現はほぼないので何方でも読めるかと

ストーリーとしてはOLが不思議な雰囲気の同僚の後をつけたらサバゲーフィールドで、
そこで自身もサバゲーにハマって周りの人を巻き込みながらサバゲーを始める、
というものです





主人公は一目惚れで初めてのエアガンにマルイMP5SD5を選びました
渋い!渋すぎる、
フィールドではクルツやPDWはよく女性で使ってる方を見ますがSD5は今まで見たことないですね…




見開きも中々迫力ある絵で漫画としても普通に面白いです

マルイの電動グロックとプロライト、フルオートトレーサー?
他にもマルイのエアガンが多数出てきます




おそらくサバゲーマーなら反応する要素も多く、

埼玉のBLAM!


秋葉原のTARGET-1


お馴染みのサンセイのゴーグルなどのサバゲーマーが反応してしまう要素多くて楽しめます。


特に良かったのは初めてサバゲーを行った主人公の不安やドキドキを上手く表現していて
私も初めてサバゲーをした時の楽しさを思い出させてくれました。







あんまりベタ褒めしすぎるのもアレなんで
ちょっとだけ気になった点も紹介しておきます。

会社のオジサン同僚が初めてサバゲーに行って敵チームと一騎打ちになるシーンなんですが

このシーンのまま別働隊がフラッグゲットでゲーム終了になるんですが、
初参加のオジサンはまだしも経験者がシューティンググラス相手に顔面にフリーズコール(?)をするのは流石にちょっと気になりました。

確かにこのシーンは面白く、漫画としての表現の一部なんでしょうがこの距離で顔を狙うのはマナー違反では?と思ってしまいました。

サバゲーも最近は私も含めライト層の人が増えているので、
実際のサバゲーで初心者がこういった事を起こしてしまったりしないようにこの後経験者が注意するような描写が欲しかったですね



全体としては良くできた漫画で、サバゲーの雰囲気も上手く再現しつつ面白く描写してあるのでオススメ出来る1冊でした







C3部も一通り持っていますが原作はアニメほど酷くはなく、内容もそれなりです
これからコンバットよりも萌え要素が強いサバゲー漫画なので苦手な人もいると思います
個人的には本編よりも4コマしーきゅーぶの方が読みやすくてオススメです。


  

2014年01月29日

TMC装備


TMCの装備を通販で購入したのでレビューを、



装備に関しては軍用迷彩を使わない事以外に私はこだわりがなく、
現在はほぼなんでもありのPMC状態です。

軽装が好みでTMC製品が一番多く使用しています。
レプリカですがコーデュラナイロンを使用してるので生地耐久性は実物と同レベル?
裁縫は劣りますが今まで潰れたこともなくて
種類も多くて安く販売してくれる良いメーカーだと思います。




今回購入したのはダンプポーチ
普通のダンプポーチよりも一回り小さい物です。



ノーマルサイズのダンプポーチも持っていますが、
1ゲームで使うのは1,2マグくらいなので
大きくて邪魔になることが多くて滅多に使いません


小さく折りたためるのでベルトにつけても重さを感じないくらいです。



若干はみ出ますがAK74のマガジンも入ります。
返しはありませんが個人的には取り出しが楽なのでこっちのほうが好み。

全力ダッシュしたら流石に中身がこぼれ落ちそうですが
「とりあえず」でつけるにはちょうど良いダンプポーチです




次~

コーデュラ ハーフフェイスマスク

普段はメッシュマスクですが、銃の頬当てが上手く使えないので試しに購入してみました。



まぁ見栄えはいいんじゃない?

ナイロン生地だからメッシュマスクほどではないですがBB弾も耐えれそう
ボタンが片側に3個ずつ付いててサイズ調整出来るようになっているみたいですけど
ナイロン生地だから伸び縮みしなくて型崩れするんで意味ないです。

息が全部ゴーグルに入ってアンチフォグしててもすぐ曇る
しかも喋りにくい、これでは会話もままならない・・


これはお藏入りです...











おや、
何か届いたかな?








To be continued…?

  
タグ :ギリー

Posted by KEI at 20:23Comments(0)◆装備品◆購入物

2014年01月23日

趣味エアガン弾速比較&簡単レビュー



以前までのあらすじ



マルイのM19を購入するものの弾速の低さが信じられず絶望
未だに信じられないので所持している他のハンドガンと弾速比較する事に



あらすじ終了







比較するのはこちら、上から

マルシン 
  6mm Xカートリッジ仕様 アンリミテッドリボルバー BK HW

    K.T.W 
      フリントロックピストル

        マルシン 
          6mm デリンジャー Value Spec. BK


計測条件はM19の時と同じ

EXCELバイオ0.2g
気温16℃
適正ホップ




簡単にレビューをして、最後に弾速測定を行います
完全に誰得な比較対象ですが私の自己満足なんで我慢してください!!







1つめマルシン アンリミテッドリボルバー
現在上下レイルは外しています、

素材はヘビーウェイトというプラスチックに金属粉を混ぜたもので感覚としては重いABSといったところです。
グリップはプラスチックで中空洞なのでレイルがなくてもフロントヘビー



ダミーカートはマルシンのXカートリッジ、金属製で重量あり



カートの頭に弾を装填しますがマルイのM19よりは目立たないかな




それでは、弾速測定

60m/s!確か夏に購入した時もこれくらいだったから、やはりこのくらいの気温なら影響はないようです



HWのおかげで重量感があります、上下レイルもあるのでカスタムしてフィールドに行けばなかなか人気者になれます
ただし、私の購入した物は1週間ほど弄っていたらハンマーコックとシリンダーの調子が悪くなりました、
分解するも原因がわからず、今はほぼ飾っているだけ
その点はマルイのほうが動作がしっかりしていて良いです








2つめK.T.W フリントロックピストル

他に見ない特徴的なエアガンです。見た目に惚れて購入


エアーコッキングガンなので気温に影響されません
シルバーは金属、本体は木目調のプラスチック
バランスもよく意外と構えやすく装填数は12発
サイトがないので感覚で撃つことになりまが慣れると結構普通に当てることができます



インナーバレルはギリギリまで伸びて樹脂で固めてあります、これがよく当たる理由かな?




シルバーもよく出来ていて実銃同様に稼働します、






弾速計測

アンリミテッドリボルバーとほぼ同じ、この特殊な銃でこれだけ出れば十分でしょう



見た目は完全に趣味の銃です
しかし意外と性能も高く、連射は出来ないですが室内戦ではヒットを取ることもできました
見た目に惚れた方にはオススメです、個人的にこの銃は非常に気に入ってます
アサシンコスとか楽しそう・・・







3つめマルシン デリンジャー

3000円くらいで買えるお手頃趣味銃です、小さくてもガスガンです

本体はプラスチック、グリップの滑り止め、ハンマーは金属製
実銃にはないセーフティもあるので安心


装填数はもちろん2発、上下交互に発射されるようになっています。






気になる弾速は!


小さい割には十分出ていると思います、
装弾数2発なので流石に基本的にはゲームに使えないでが、屋内戦で弾が切れたときの最終手段として隠し持っておくと結構楽しめます







<結果発表>


アンリミテッドリボルバー≧フリントロックピストル>デリンジャー>>M19






完全にM19の敗北!!!
まさかデリンジャーより低かったとは・・・



初速アップを狙ってパーツをamazonで購入
たまにamazonでサバゲー関係をまとめて購入しますが送料やら発送タイミングがバラバラになるし値段も高いのが多いので不便です



まさか初ハンドガンカスタムがリボルバーになるとは・・
こちらも追ってレビューを行います







余談ですが本屋でTOYGUN DIGEST2014
という物を発見したので購入、2000円也


中々印象的な広告





中身はトイガンを国内メーカー800丁、海外メーカー100丁にわたって紹介するトイガンの図鑑です、
最新のガスショットガンからエアコキまで載ってるのでパラパラ眺めているだけでも面白いです。
トイガンと書いてますが実際書いてあるのはエアガンのみです、モデルガンはありません


他にも初心者向けに
電動ガンとガスガンの違いやメリット等も記載されているので
初心者の方には非常にオススメです




適当に何枚か







  

2014年01月22日

P-258Aレビュー



日曜日に近所のショップ(駄菓子屋)でショットガンが売ってたので小学生に混じって衝動買いしました
800円です、桁は3桁で合ってます
ショップの店員さんが「調子悪かったら交換したるで」と言ってくれたので保証もバッチリです。


M870ソードオフに見えますけどP-258Aって書いてあるのでそうなんでしょう、M870に見えるのは気のせいです






14歳以上が対象年齢で人や動物には撃つな、という事ですねそこは世界共通みたいです


この値段でスコープとライト付き!
凄く豪華なセットです、日本語が微妙に間違っている様に見えますがきっと気のせいですね







ショットガンに見えますがショットシェルではなく普通の弾丸を使用するみたいです、すごい!







内部にはちゃんとスコープ、ライト、BB弾が付属しています


サイズはM870を少し小さくしたくらいですがちょうどよく手に馴染みます、
重さ増強の件はモナカ構造のただの樹脂製の様な気がしますが気のせいでしょう。






サイドレール付きのスコープです、ここに付属のライトを取り付ける事ができます。

レンズの部分が分解出来ます、
レンズが入っておらず、只の筒と言っていいでしょう。
箱には確かに倍率は書いてなかったので「1倍スコープで十分だぜ!」ということなんでしょう。さすが中国人、侮れない!






ライトも強くはないですがキチンと点灯します、
2回目からはもう接触不良で点かなかった気がしますが気のせいでしょう。






試し撃ちしようとBB弾を取り出したら半分しか無い弾があった様な気がしますが気のせいです






弾速は0.2g弾使用で32m/sで安定しています、
しっかりとコッキングも出来て、ショットガン気分を味わえます。
一回撃った後に中からカラカラ音が聞こえますがきっと幻聴ですね






トップレイルは20mm仕様で他のダットサイトも載せる事が出来ます。


う~ん
さすが大陸性、侮りがたし!

  

2014年01月21日

MAG製P90用170連マガジン レビュー



MAG製のP90用170連マガジンを購入したのでレビューを



マルイのP90のマガジンは純正が68連、多弾が300連ですが
純正は使用がってが悪い割に少なく、
多段の方はジャラジャラするのが嫌いなのと給弾不良で有名なので海外製を購入することにしました。


MAG製のマガジンは今回のP90以外にも
MP5とSIG用の100連マガジンを所有しています。

 




無駄な躍動感でオープン!




梱包はダンボールのみです、
まぁ ただのマガジンだからいいけどね。

4本入りで約6500円
1本辺り約1600円
マルイ純正が1本だいたい2400円だから中々リーズナブル!











マルイの物より若干茶色味があるけど並べて比べないと分からないレベル
刻印等もあり、ダミーカート以外はほとんど一緒です。




スプリング式で170連という驚異的なマガジンですが、
スプリングの硬さも驚異的です



ローダーを使って入れると普通に入れれるのは150発くらいまでで、
そこから先は手のひらで叩きつける様にしないと弾が入りませんでした

一日中そんな使い方をしていたらローダーが真っ二つに割れかけて内部が軽く破損していましたorz
使い方としては150発程度で止めておいた方が賢明です。




実際に使ってみたらやはり170発あると心強いです
4本持てば680発なので1ゲームはこれで十分でしょう。
構えながら残弾数が見えるのが地味に便利!





P90のマガジンは細長くて運用し辛いのが難点なので
この前先に買っておいたlaylaxの装備部門であるGHOST GEARのスリーウェイマグパウチを使用します。




う~ん
サイズはピッタリだけど折り返し部分が長すぎて取り出した後にパカパカして邪魔・・・







試しにD-mittuチェストリグに入れてみた





あれ?
こっっちだと引き抜くのが楽だし、
パラコードで軽く締めてるからそんなにガタつかないし匍匐でもしない限り抜けなさそう!
4本携行出来るし最初からこっちでよかったじゃん・・・


スリーウェイマグパウチはお藏入りかな
最近お藏入り装備がどんどん増えてる気がする...  

2014年01月19日

激レアパーツ?

通販で買ったパーツが届いたので報告を






東京マルイ用M870MCS型ハンドガードです。
MCS(Modular Combat Shotgun)はレミントンM870の最新公式モデルです。
状況に応じてカスタムする事が出来ます
現在は米軍でも使用されているようです


今回はGUN道場のエアソフトラボさんで出た初期ロット5個の内一つをての入れました
マルイだけでなくマルゼンにも対応した物も出ています
エアソフトラボさんの商品は前に紹介したスコーピオンのサイドマウントシステムも制作しています
個人的にこういう痒いところに手が届くサードパーティーにはこれからも頑張って欲しいです。




取り出すとキチンと梱包材で包んであります

養生テープが中々ハンドメイド感が出ていて好みです





写真は赤くなっていますが実際は黒一色です



工業製品用のABSライクウレタンで使用していて割れるような心配は無さそうです
フォアエンドがあるのでコッキング時に指詰めする事がありません
グリップの彫りもしっかり指に馴染みます



早速M870に取り付けたいところですが、
まだ購入していません!
最初は12月下旬再販って聞いてたんですがやっぱりマルイだなー
いい加減再販予告を何ヶ月も延ばさないで欲しい....

いずれM870が仲間入りした暁にはキチンとレビューしたいです
  

2014年01月19日

4Dプリントiphoneケース

今日はファーストでお買い物〜

購入物はiphoneケースです


iphoneのケースがそろそろ限界だったので新しいケースを探していました。
私はまだ4Sだから最近売っているのはどれもは5用ばっかりで
中々良いのが見つかりませんでした。
MAGPULが欲しいんだけど何処にもないんだよねー


そこで、
前から気になってたファーストの4Dプリントを試してみようと思って
iphoneケースを買ってみました。

柄はkryptekのyetiを選びました


本体が黒だと縁が目立つなー、ちょっと失敗だったかも




素材は普通プラスチック

印刷面はボケもなく普通に見れるレベルです。

折り返しの曲面まで綺麗に印刷されてます


肝心の強度も爪で擦っても全然大丈夫でした。
これならサバゲーでも使えるかな?

とりあえずしばらくこれを使ってみて塗装強度とかに問題がなければ
エアガンとかにも使用してみたいです。


知らない人からみたらなんじゃこれなデザインですが自己満足だから良いさ・・・・









ついでにHAZARD4のパッチも購入





ラバー素材の蓄光タイプ

写真はかなりぼんやりですが実際はもう少しハッキリ見えます。


HAZARD4はミリタリー系のバッグメーカーです。
ショットショーにも出品しているようで、海外のカメラマンがたまに背負っているのを見かけます。
カッコイイから欲しいけどお金がない・・・

パッチの方はデザインだけで選びましたが
なかなか洒落たデザインでPMCっぽくていい感じです

  
タグ :塗装

2014年01月17日

EOTech553レプリカ レビュー


P90用のの光学機器を購入したのでレビューでも


EOTech553
もちろんレプリカです、約5000円也
メーカー不明です。


右に「PERFECT RED DOT」って書いてあるけど
完璧に赤い点?
意味が分からない・・・


赤緑でドット切り替えできるって聞いてたけど
大きく
RED DOTて書いてあるんだけど本当に大丈夫かコレ?



開けると一応スポンジとビニールで保護してあります。
説明書の類は一切ないです。
さすが!安定のレプリカ仕様!


取り出すとこんな感じ


外装のカバーは金属製で重量感があって全体的にゴトリとした印象。
 
電池カバーにEOTechの刻印が無いのはレプリカだからわざと抜いたのかな?
それ以外は警告シールもキチンと貼ってあっていい感じ




P90に取り付けると~

中々いいんじゃないかな?
EOTechのデザインがちょっと苦手で今まで買わなかったけど
P90なら丸っこいデザインがいい感じにマッチしてますね、
レール長さもちょうどいいし(・∀・)






難点はわざわざトリプルレール仕様を買ったのにサイドレールが完全に使えなくなることかな!!






電池は単4を2本使用


写真はかなりドットがぼやけてますが
レプリカでも本物と同じサークル状で滲みもほとんど無いです
サークルドットは個人的に使いにくいけどカッコイイからOK!

若干レンズが暗いから薄暗い森とかでは見にくいかも
でも太陽下では問題なし!

NVボタンを押せば問題なく赤緑切り替え可能でした。
明るさは5段階調整
暗すぎず明るすぎず屋外でも使えます。




実際に先日のサバゲーで使用して見ましたがP90の場合かなりハイマウントになってしまいます。
私はメッシュマスクなので基本はハイマウントでちょうど良いですがこれは高すぎかな・・・
20mでゼロインしていましたが、近距離だとかなりズレるので状況で使い分けしたほうが良さそうでした



買う時は安くてちょっと不安でしたが、
届いてみたら頑丈そうでゲームにもガンガン使えるから気に入りました




今度他のダットサイトもレビューしてみるかな~










お気に入りの一枚





  

2014年01月15日

P90トリガーロック対策 解除スチッチ取り付け



先日のサバゲーで初めてP90を運用したところ、
セミオートを多用していた為かトリガーロックが起きました。



普通の場合はフルオートにして撃てば直りますが
マルイのP90とステアーはフルオートがセミオート時よりもトリガーを深く引いた位置なのでロックしたままでは直せません。


もしロックしてしまった場合はメカボックスを取り出さないと直せないので
もしゲーム中に起きれば詰みます\(^o^)/

なので今後の為にもP90のトリガーロック対策を行います。






とりあえずネットで調べたところ東大阪のファーストでP90とステアーにトリガーロック解除スイッチ取り付けカスタムをしてくれるみたいです。


FIRSTのHPより



ファーストなら家からもそこそこ近いし私は電気系のことはまだよく分からないのでショップのカスタムのプロに任せれば安心ですね。



















私のカスタムの信条として
「自分で管理できるカスタム」というのがあります。
仮にショップにカスタムを依頼してもこのまま対策を知らなければ故障した時にまた持っていかなくてはいけなくなります。

なので、
今後の為にも今回は自分でトリガーロック解除スイッチの取り付けを行います!



そこで前回の記事にあった購入物を使用します

全て日本橋で簡単に揃いました。







はんだごて
930円


はんだ
270円


配線付きスイッチ
85円

この他に濡れ雑巾を合わした4つを使って作業を行います。
はんだは用途によって適当な電圧の物があるので注意して下さい、今回はこれ以降使うか分からないのではんだごては安物を買いました。
百均でも315円とかで売っているようですが、流石に怖いのでやめました。



P90は後ろのバットプレートを外したバッテリー収納スペースにネジが2つあります。
これを外せばメカボックスが取り出せます。



パカッとな
後は給弾口から軽く押してやれば簡単に取り出せます。



右下の黒い部分がスイッチの電極関係が収まっています。



今回はんだ付けするのはこの部分2点に行います。
実ははんだごて触るのは中学の技術の授業以来なので10年振りです・・
久々だったので10分くらい練習してから本番に入ります。




実際作業をしてみると2つ合わしても1分ほどで完了しました。
上手く出来たかは分かりませんがやってみると意外とできるものですね




メカボックスを戻してスイッチを取り出すとこんな感じ


スイッチも問題なく作動するのでひとまず成功です!



このスイッチはセーフティが掛かっていても強制的作動してしまうので注意が必要です。
何かの拍子に入ることも考えられるので渋めのスイッチの方が良いでしょう。

今回はP90の方法を紹介しましたが、ステアーの方もはんだづけする場所は同じなのでメカボックスさえ取り出せば同じ方法でできると思います。





今回掛かった費用ははんだごてを除けば実質100円くらいです。
ファーストは3150円か・・・・

まぁ、多少値段はしますが確実性を求めるのであればショップに頼んだ方が良いでしょう。
意外と簡単にできるものなので皆さんも挑戦してみてはいかが?



  

2014年01月13日

色々購入報告



今日は仕事帰りに日本橋に行って色々購入してきました





今週から正月明けで仕事が始まりましたね
週末は成人の日で三連休だ!

ということを生き甲斐にして頑張っていましたが



金曜日に上司から

「悪いけど土曜日と祝日は出勤してくれないか?」

と言われて一気ソウルジェムが曇りました。











連休が無いのなら死ぬしかないじゃない










しかし、日曜日のサバゲと今日は比較的早上がり出来たのでなんとか魔女化せずに済みました。
時間があったので帰りに日本橋に寄って必要になった物を買って来ました




まずは工具類、最近次世代AK102が調子悪いので分解用にY型の特殊ドライバーのベンツドライバーを買いました。

しかしドライバーひとつで1130円は高過ぎじゃないだろうか…

ピンセットは定期的に旅に出るので買いました。
そろそろ十代目かも……






それと日曜日のサバゲーで諸事情でBBローダーが壊れたので替えを買って来ました


今までは前に作ったのQRコードを貼っていましたが、
せっかくの新品なんで個性を出す為に今度塗装でもしてみます





こちらの工具類は日曜日のサバゲーでP90がトリガーロックして苦労したので
分解しなくてもリリースするための改造を行います。

こちらは今週中には記事にします。