スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年10月22日

京橋のシューティングバーFIVEさん





こんばんは約1ヶ月ぶりの更新となりました

めっきり更新頻度の低いブログですが、まだ記事に出来ていませんが電気とガスで動くハイブッリドMP7を作ってたりしてました

そのこともいずれ記事にしますが溜まっているネタから順番に記事にしていくつもりです('ω')







今回は5月先日遊びに行った大阪の京橋にあるシューティングバー「FIVE」さんの紹介です

お店の公式ホームページ→http://www.shootingbar-five.net/

お店の公式ミリブロ→http://shootingbarfive.militaryblog.jp/



ミリブロ仲間のくずきさんに誘われて初めてシューティングバーというものに行ってきました!

今回はくずきさんの他にミリブロ仲間のビスコさん、アメブロで映画レビューをしているデッドプー太郎さん、プー太郎さんのファンのマナミさんの系5人で行ってきました

くずきさんの当日の記事→http://kuzuki.militaryblog.jp/e660478.html

ビスコさんの当日の記事→http://new.militaryblog.jp/e663433.html

デッドプー太郎さんのアメブロ「放課後エクスペンダブルズ」→http://ameblo.jp/deadpootarou/










シューティングバーFIVEさんは5月の時点では割と新しいお酒を飲んで、エアソフトガンが撃てるスタイルのバーです

お店は駅から歩いて行ける範囲ですが、路地裏にあるので中々見つけにくいかもしれません







お店の中はカウンター席の他少しのテーブル席があります




バーですが、結構メニューが自由で私たちの時はライフガードがありました(笑)

フード類もピザやソーセージ盛り合わせ等ガッツリ行けるメニューもあるので、無理にお酒を飲む雰囲気では無いので下戸の私は助かりました(´∀`)








お店の中にシューティングレンジがあり、お店の銃か自前の銃を持って行って撃つ事が出来ます

マルイ製のハンドガンが充実していましたが他にもMG42、SVD、Kriss Vector等珍しい長物もありました











折角の機会だったので普段ゲームに持っていかないM19、G17、フリントロックピストル等を持って行きました



くずきさんやデッドプー太郎さんもマイガンを持ってきており、映画やエアガンの話で盛り上がりました








シューティングレンジは8M?程あってハンドガンには丁度良い距離でした



シューティングレンジはガラス越しに店内全部から見えるので結構緊張します(´д`)







男面子はマイガンでワーワー言いながら撃っていたのですがビスコさんがSVDを選択、しかもすコープを外しリアサイトの無い状態で撃ち込んでいました



初めてのサイトの無いエアガンでターゲットの空き缶をかなりの命中率で打倒した時点で驚愕ですが

「まだマガジンに弾が残っている」という理由で既に落ちた空き缶を執拗に打ち続けてたのは流石に店内全員ドン引きでした(´<_` )








サバゲーに行く面子とは少し違いましたが、食事をしながらエアガンを触るのもこれはこれで新しいエアガンの楽しみ方かもしれません



お客さんも普通の大学生やお座敷シューターっぽい人もいましたが、皆さん持ってるマイガンで意気投合したりと楽しい空間でした







最後に5人でポーズを取って集合写真を撮ってもらいました



大阪市内で集まる機会があればまた行ってみたいお店でした









今年中には新調した装備についても記事にしたいです!




ブログって何だろう?(哲学



  

2014年01月23日

趣味エアガン弾速比較&簡単レビュー



以前までのあらすじ



マルイのM19を購入するものの弾速の低さが信じられず絶望
未だに信じられないので所持している他のハンドガンと弾速比較する事に



あらすじ終了







比較するのはこちら、上から

マルシン 
  6mm Xカートリッジ仕様 アンリミテッドリボルバー BK HW

    K.T.W 
      フリントロックピストル

        マルシン 
          6mm デリンジャー Value Spec. BK


計測条件はM19の時と同じ

EXCELバイオ0.2g
気温16℃
適正ホップ




簡単にレビューをして、最後に弾速測定を行います
完全に誰得な比較対象ですが私の自己満足なんで我慢してください!!







1つめマルシン アンリミテッドリボルバー
現在上下レイルは外しています、

素材はヘビーウェイトというプラスチックに金属粉を混ぜたもので感覚としては重いABSといったところです。
グリップはプラスチックで中空洞なのでレイルがなくてもフロントヘビー



ダミーカートはマルシンのXカートリッジ、金属製で重量あり



カートの頭に弾を装填しますがマルイのM19よりは目立たないかな




それでは、弾速測定

60m/s!確か夏に購入した時もこれくらいだったから、やはりこのくらいの気温なら影響はないようです



HWのおかげで重量感があります、上下レイルもあるのでカスタムしてフィールドに行けばなかなか人気者になれます
ただし、私の購入した物は1週間ほど弄っていたらハンマーコックとシリンダーの調子が悪くなりました、
分解するも原因がわからず、今はほぼ飾っているだけ
その点はマルイのほうが動作がしっかりしていて良いです








2つめK.T.W フリントロックピストル

他に見ない特徴的なエアガンです。見た目に惚れて購入


エアーコッキングガンなので気温に影響されません
シルバーは金属、本体は木目調のプラスチック
バランスもよく意外と構えやすく装填数は12発
サイトがないので感覚で撃つことになりまが慣れると結構普通に当てることができます



インナーバレルはギリギリまで伸びて樹脂で固めてあります、これがよく当たる理由かな?




シルバーもよく出来ていて実銃同様に稼働します、






弾速計測

アンリミテッドリボルバーとほぼ同じ、この特殊な銃でこれだけ出れば十分でしょう



見た目は完全に趣味の銃です
しかし意外と性能も高く、連射は出来ないですが室内戦ではヒットを取ることもできました
見た目に惚れた方にはオススメです、個人的にこの銃は非常に気に入ってます
アサシンコスとか楽しそう・・・







3つめマルシン デリンジャー

3000円くらいで買えるお手頃趣味銃です、小さくてもガスガンです

本体はプラスチック、グリップの滑り止め、ハンマーは金属製
実銃にはないセーフティもあるので安心


装填数はもちろん2発、上下交互に発射されるようになっています。






気になる弾速は!


小さい割には十分出ていると思います、
装弾数2発なので流石に基本的にはゲームに使えないでが、屋内戦で弾が切れたときの最終手段として隠し持っておくと結構楽しめます







<結果発表>


アンリミテッドリボルバー≧フリントロックピストル>デリンジャー>>M19






完全にM19の敗北!!!
まさかデリンジャーより低かったとは・・・



初速アップを狙ってパーツをamazonで購入
たまにamazonでサバゲー関係をまとめて購入しますが送料やら発送タイミングがバラバラになるし値段も高いのが多いので不便です



まさか初ハンドガンカスタムがリボルバーになるとは・・
こちらも追ってレビューを行います







余談ですが本屋でTOYGUN DIGEST2014
という物を発見したので購入、2000円也


中々印象的な広告





中身はトイガンを国内メーカー800丁、海外メーカー100丁にわたって紹介するトイガンの図鑑です、
最新のガスショットガンからエアコキまで載ってるのでパラパラ眺めているだけでも面白いです。
トイガンと書いてますが実際書いてあるのはエアガンのみです、モデルガンはありません


他にも初心者向けに
電動ガンとガスガンの違いやメリット等も記載されているので
初心者の方には非常にオススメです




適当に何枚か







  

2014年01月22日

P-258Aレビュー



日曜日に近所のショップ(駄菓子屋)でショットガンが売ってたので小学生に混じって衝動買いしました
800円です、桁は3桁で合ってます
ショップの店員さんが「調子悪かったら交換したるで」と言ってくれたので保証もバッチリです。


M870ソードオフに見えますけどP-258Aって書いてあるのでそうなんでしょう、M870に見えるのは気のせいです






14歳以上が対象年齢で人や動物には撃つな、という事ですねそこは世界共通みたいです


この値段でスコープとライト付き!
凄く豪華なセットです、日本語が微妙に間違っている様に見えますがきっと気のせいですね







ショットガンに見えますがショットシェルではなく普通の弾丸を使用するみたいです、すごい!







内部にはちゃんとスコープ、ライト、BB弾が付属しています


サイズはM870を少し小さくしたくらいですがちょうどよく手に馴染みます、
重さ増強の件はモナカ構造のただの樹脂製の様な気がしますが気のせいでしょう。






サイドレール付きのスコープです、ここに付属のライトを取り付ける事ができます。

レンズの部分が分解出来ます、
レンズが入っておらず、只の筒と言っていいでしょう。
箱には確かに倍率は書いてなかったので「1倍スコープで十分だぜ!」ということなんでしょう。さすが中国人、侮れない!






ライトも強くはないですがキチンと点灯します、
2回目からはもう接触不良で点かなかった気がしますが気のせいでしょう。






試し撃ちしようとBB弾を取り出したら半分しか無い弾があった様な気がしますが気のせいです






弾速は0.2g弾使用で32m/sで安定しています、
しっかりとコッキングも出来て、ショットガン気分を味わえます。
一回撃った後に中からカラカラ音が聞こえますがきっと幻聴ですね






トップレイルは20mm仕様で他のダットサイトも載せる事が出来ます。


う~ん
さすが大陸性、侮りがたし!