スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年02月20日

APS airsoft製 DRAGONFLY BSPレビュー


こんばんは、前回の記事でGEMTECH OASIS用実物グリップの記事を書く予告をしたような気がしますが気のせいでしょう('ω')


今回レビューするのはこちらのAPS airsoft製 DRAGON FLY BSP




APS airsoft製のマルシン製ファイブセブンに続いて国内2つ目のCO2ブローバックハンドガンです

海外モデルはメタルスライドですが今回購入したものは日本仕様に樹脂スライドになっています






マルシン製ファイブセブンも持っていますが、グロックタイプが気になったので購入してみました









パッケージは珍しく樹脂製の箱に入っています








上蓋にはマガジンに関して注意書きのシールが貼ってあります








内容物は本体、マガジン、マニュアル、マグウェル、ボンベ交換用スクリュー、謎のOリングです











他には予約特典のサプレッサーアダプターと予備マガジンも購入しました











取り出して見た感じは普通にグロック17のカスタムタイプです

スライドはグロックよりも若干細身になっていてちょっとXDMっぽくも見えます





横のWARNINGシールは簡単に捲れます







セーフティはM870のようなトリガー押し込み式です、マガジンキャッチは大型化されていて押し易いです



個人的にはグロック本来のトリガーセーフティよりも一目で分かり、操作性も使い易いです







アウターバレルは金属製で刻印等は特にありません、そこはちょっと残念です(´・ω・`)









ホップアップダイヤルはマルイと同じくスライドの裏側です



分解方法は省略しますがマルイのグロックと同じです







バレル下部にはレールがついているので光学機器が取り付けれます









アウターバレルにはネジが切ってあり、オプションのアダプターを使うことでサプレッサーを取り付けられます



インナーバレルは銀色であまり目立たず良い感じです










サイトは集光アクリルファイバー式になっています







このタイプのサイトは初めてですが明るくてサイティングし易いです



狙い易いけど前後で色が違うし、見た目がちょっと派手なので個人的には微妙なところです(;'∀')













マガジンですが、使用するボンベはマルシン製CO2ガスボンベです



ファイブセブンと挿入方向が反対になっており、間違うと壊れてしまうそうなので注意が必要です







マルイ製グロックと並べて比較してみましたが明らかな違いはマガジンバンパーぐらいです














カスタムしたマルイグロック17と比較してみましたがスライドやグリップはDRAGON FLYの方が細身に感じます



マルイのグロックと比べると握りやすく、全体的な操作性も良いです







初速関しては0.2gバイオで約81~84m/sで安定しています



リコイルは マルイグロック<DRAGON FLY<マルシン製ファイブセブン というところ

リコイルは思っていたほど強くは無いですがCO2の安定性のおかげで連続発射してもブローバック速度も安定しています



弾道に関しては室内撃ちしかしていないのでまだ分かりません









マガジンの互換性ですが、DRAGON FLYでマルイ製マガジンを使用するとガスを噴き出してしまい、まともに撃てません



その逆に関しては一応可能でした、パッケージの注意シールにもあるように事故の恐れがあるので絶対に真似しないで下さい
法律的にもアレだったので絶対にマネしないで下さい







他にも互換性が無いか試してみたところ、とりあえずアウターバレルは互換性がありました



探せば他にもあるかもしれませんね








2つ目のCO2ガスブローバックハンドガンでしたが全体的に使い易くカスタムされていて、作動性も安定しています



サバイバルゲームに使用する為の問題点として、CO2問題があります

マルシンファイブセブンはOKというフィールドさんは多数ありますがDRAGON FLYが使用出来るかは予めフィールドさんに伺う必要があるでしょう

DRAGON FLYに関しては本体よりもマガジンに関して若干問題を抱えているので今後各フィールドさんでどういった対処をとるのか気になるところです














  
タグ :ハンドガン

2016年02月20日

TACTICAL SOLUTIONS製 ルガーシリーズ BLACK MAX HMK HOLSTER


こんばんは、今回の記事は前回レビューしたGEMTECH OASIS用ホルスターのレビューです(*‘ω‘ *)








今回購入したのはTACTICAL SOLUTIONS製 ルガーシリーズ BLACK MAX HMK HOLSTERのロウタイプです






TACTICAL SOLUTIONSというあまり聞いたことの無いアメリカのメーカー製です

実物のルガーMk.1.2.3に対応した樹脂製ホルスターです






内容物はマニュアルのみで、全文英語ですが写真付きなので特に問題は無いでしょう('Д')








ホルスターの質感はブラックホーク製によく似ています、表面はマットな仕上がりです



バレル位置に無駄な穴に見えますが、左右兼用なので左用に変える時にネジ穴を使用します







固定はベルトループのみで、6cmまで使用できます



ベルトループの位置は固定式で角度等は変えられません







とりあえず挿入してみましたが問題なくスルッと入りました、ガタツキや干渉もありません



ロック機能はありませんが固定ネジの締め付けで挟み込むテンションを調整出来ます

キチンと調整すれば逆さまにしても抜ける事はありませんでした









左用に変える時は4つのネジを左右反転して固定するだけです



注意事項としてはネジの長さやワッシャーが違うのでよく確認しておいた方が良いです








ホルスター上部は大きく開いているのでカスタムしてダットサイトやスコープを載せても干渉しなさそうです










折角なので他メーカーのサファリランドとブラックホークのロウモデルと比較('ω')





銃口の先端はほぼ同じですがグリップの位置はHMKのほうが圧倒的に高く、抜く時は正直ストロークが長い分かなり抜きにくいです(;'∀')

グリップの位置が高い上にバレルも長い為腕を高く上げる必要がありサファリやブラックホークに比べると時間が掛かりスピードシューティング等には不向きでしょう




正直本当にロウモデルか?っていうくらいにグリップの位置が高いです('Д')

HMKのベルトループは上着程度は干渉しませんが、プレキャリ等は干渉してしまうかもしれません







写真のグリップの話はまた次回!(*‘ω‘ *)


  

2016年02月07日

SOCOM GEAR製 GEMTECH OASISレビュー


こんばんは、久しぶりの更新です(∩´∀`)∩

いい加減半年以上前の前の記憶を遡って記事を書くのも疲れるので偶には最新の記事でも



今回レビューするのはSOCOM GEAR製 GEMTECH OASISです

元々隠密戦用に固定ガスガンがほしかったのですがマルイのSOCOM Mk.23はホルスターの問題と皆持っているという捻くれた理由で却下しました('Д')

色々と探しているときに見つけたので購入してみました









パッケージはシンプルな段ボールにシールが貼っているだけです





本体はビニールで簡単に梱包してあるだけです、側面に大きな「MADE IN TAIWAN」のシールが貼ってありますが簡単に捲れました







内容物はマニュアルのみで中身は英語のみです






ハイパー道楽さんで公開されていたKJ WORKS製のパーツリストとGEMTECH OASISのパーツリストが絵とパーツナンバーまでNo.114以外完全に一致しているような気がしますがきっと気のせいですね!

真偽は分かりませんがSOCOM GEARとKJ WORKSは同じグループらしい、という話を聞いたのでコピー品というわけではないのかもしれません





サプレッサーとフレームが同径なので全体的に細長いシルエットになっており、ガタツキは皆無です



フレームとグリップはプラ製ですがサプレッサーとサイトは金属製です

ハンドルは動かず、トリガーとセーフティ以外は全くの無可動です





サプレッサーは実物メーカーのGEMTECH製で側面に刻印があります



刻印はサプレッサー以外にはありません




裏面はマニュアルセーフティがあるだけで、スッキリしていて寂しいくらいです








道具が無くてもある程度分解は可能です







サプレッサーも芋ネジ一つで分解可能です、内部には密度の高いスポンジのようなものが輪切りになって沢山入っています







インナーバレルはサプレッサーの中にあり、ちゃんと消音効果があります



インナーバレルはトリガーに連動して前後するようになっており、若干カタカタ動きます






バレルは奥まった位置にあるので正面からは見えず、口径も良い感じです








リアサイトは上下左右調整可能なアジャスタブルタイプです



フレーム前方にある穴から6角レンチでホップ調整を行います






サイトは特に色がついていないのであまり狙いやすくはありません



狙った時にハンドルのパーティングラインが結構目立つので今度処理しようかと思います







マガジンはシングルカラムで17発装填可能です



マガジンの薄さはガバメント並で非常に薄いです、リロードするときはフレーム下部のフックを外した状態で引き抜く必要があり、ぶっちゃけかなり慣れが必要です(;'∀')

KJ.WORKS製とマガジンは互換性があるようです






気温16℃、マルイ製0.2gバイオ弾、HFC-152a、X3200で初速を計測したところ66m/sでした



17発連続発射は可能でしたが最後の方は33m/sまで落ちていたので真冬の連続使用は厳しそうです('ω')

マガジンのガス容量も少ないので一回のチャージで30発が限界でした



撃ち心地としてはトリガーが重く、連射するときに戻りきっておらず発射出来ていない時があるので1発1発を意識する必要がありました

発射音は固定ガスガンだけあって中々静かです、Mk.23は持って無いので比較出来ませんが同レベルぐらいに静かです






地味に初めての海外製エアガンでしたが全体的にしっかりしており、不安感はありません

命中精度はまだ分かりませんがサバゲでも使用は可能そうです、予備マガジン以外にもオプションを購入したのでそちらのレビューはまた今度(*‘ω‘ *)





  
タグ :ハンドガン