スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年09月11日

東京マルイ次世代M4 WCRS LVOA-C①




こんにちは、今回から紹介していくのは東京マルイSOPMODベースのWCRS LVOA-Cです


一年前に完成していたので今更ですが・・・(´・ω・`)





割とカッコ良く画像編集出来てお気に入りの画像(*‘ω‘ *)










元々M4は皆持っているのであまり興味が無かったのですが、ネットで見かけたクリス・コスタのWCRSに一目ぼれして組む事にしました








個人的にFGカラーなのがお気に入りポイントです







と、いう事で早速次世代SOPMODを購入しました、他のブログさんで散々しているのでレビューは省略します














WCRSの問題のハンドガードはANGRY GUN製の次世代電動ガン用のキットを使います






長さ的には純正SOPMODと大差ありません











WCRSの名前の由来でもあるハンドガード先端の切り欠きもキチンとあります

















バレルのキットにも同じくANGRY GUNのパーツを使います



ダミーのガスチューブが引くくらい錆びてたので後で処理ます('Д')












ハイダーにはパーツボックスに眠っていたBATTLE COMPのレプリカを使います



こいつもえらい錆びてますね(´_ゝ`)








純正ハンドガードを分解するためにG&Gの工具セットを用意しました
















ネジロックが付いてて滅茶苦茶固かったですが何とか分解出来ました













組み立てに関しては特に苦労することなくサクサクくみ上げます











ハンドガードを組み込みましたが隙間も無く、バッチリです












ハイダーの位置が少し奥まっていますがとりあえず良しとしましょう









バッテリーには自分にとって必需品のリポを使います















元々SOPMODは見にコネクターが無いのでこちらのカスタムパーツも合わせて購入





欠点としてはヒューズが無くなるので、いざという時はクラッシュします(´◉◞౪◟◉)














バッテリーカバーもそのままでは蓋が出来ないので薄く加工します



探しても品切れだったので加工しましたが、別売りもあるのでそちらの方がオススメです











光学機器にはお気に入りのVOLTEX SPARCのレプリカを使います(*‘ω‘ *)
















WCRS特徴的な半ガードの交換は完了しましたがまだまだ物足りません







フレームの方もこのままではありきたりで面白くありませんね



LVOAはLow Visibility Operation Applicationという目視し辛い特殊加工が施してあるのでこれも塗装します










ひとまず組み立ては完了、ハンドガードを変えたくらいですが中々良いシルエットになりました



今回はここまでです!

次回は本気の塗装編で!

















  
タグ :LVOAWCRSM4

2016年07月06日

GEMTECH OASIS PISTOL用KJ WORKS予備マガジン



はい、こんばんは 今回もGEMTECH OASISについての記事です('ω')











今回紹介するのはこちら、KJ WORKS製ルガー Mk.1用マガジンです

GEMTECH OASIS PiSTOLは純正の予備マガジンが発売されておらず、代わりに互換性のあるKJ WORKSの物を使用する必要があります




ネットショップで探してみた時は見つから無かったのでヤフオクで見つけて購入しました




右がGEMTECH OASIS 左がKJ WORKSです

GEMTECH OASISは表面がマットですがKJ WORKSはツルッとしていますがそれ以外に大きな違いはありません



GEMTECH OAISISのマガジンに付いてる傷は前回の記事でグリップ交換時にネジが長すぎて傷付いてしまいました・・・(´◉◞౪◟◉)























ガス注入バルブも海外製になっており、KJ WORKS製はガス注入音が無いです















ガス噴出口に関しては画像を見てわかるようにKJ WORKSの方が明らかに大きいです



ゲームに使用していて気が付いた点ですが、このマガジンはマガジンリップが付いておらずスプリングのテンションんで挟み込んでいるだけです

硬い机の上やダンプポーチに入れた際に衝撃でスプリングが緩んで弾が飛び出す事が何度もありました

スプリングのテンションを強くするかして対策しないと正直ゲーム使用には厳しいです・・・(´・ω・`)


















で、KJ WORKSでも0.2gバイオ弾で初速を測ってみました、ちなみに純正で測った時は66m/sでした





















KJ WORKSのマガジンで初速を測ってみると20m/sも上がりました(@_@)

確実にガス噴出口径違いの影響ですね、しかしその分燃費が悪く1回チャージで1マガジン程度しか撃てません




GEMTECH OASISは静音性や初速に関しては文句無しですが、命中率やマガジン運用に関しては若干難があるのでどうにか解決したいところです








  

2016年06月29日

GEMTECH OASIS PISTOLグリップ交換

こんばんは、約4ヶ月ぶりのブログ更新です!(゜д゜)

今回は以前購入したGEMTECH OASISのグリップを実銃用グリップに交換します








使用するのはこちらのHOGUE製 82000 Rubber Grip-Rugerです







パッケージは英語のみですが、特に読む必要性は無いので困りません

ちなみに、パッケージのあちこちにRugger Mk2用みたいな事が書いてありますが、Mk1にもちゃんと使えるようになっているのでこれで大丈夫です٩( ''ω'' )و






本体以外には説明書とシムがあります











Mk1はMk2と違いストップレバーが無い分、このままだとグリップ内部に余分なスペースが出来てしまいます

このシムをそのスペースに填めることでMk1でも使用できるようになる仕組みです







グリップ本体の外部はラバーで出来ており、結構ゴツイです(゜д゜)

表面にはHOGUEの刻印がありました





グリップの芯材に硬い樹脂が使われており、しっかりと形を保っていて熱で変形するような事も無さそうです





グリップの交換方法はとても簡単で表面から見えるネジを外すだけです('ω')











実銃ならこのままポン付け出来るかもしれませんが、GEMTECH OASISにはネジ周りにリブがありこれが干渉してポン付け出来ません

ネジの掛かりが浅くなりますがリブを切断してしまいます



写真はありませんが、ハンマースプリングの一部がグリップ内側の樹脂に干渉するため干渉する部分も大きく削る必要がありました(´_ゝ`)








後はグリップ左面にあるスペースにシムを納めますが、かなりキツキツだったのでシムを削って微調整します









最後にネジを締めて終了ですが、純正のネジの場合ではグリップの厚みが増えた分ネジ穴に届かなくなってしまいました

なので今回は代わりに長さ8mmのネジを用意しました、あまりに長すぎると銃内部に干渉して動作しなくなるので少し注意です('ω')









ホームセンターで適当に買っただけなのでネジ頭のプラスが少し気になりますがとりあえず良しとしましょう








グリップが変わったことでかなりおもちゃっぽさが無くなりました(∩´∀`)∩



握り心地に関してはフィンガーチャンネルのおかげでズレは無くなりましたが、純正に比べるとかなり太いので少し持ちにくくなりました、








先日紹介したホルスターに入れてみましたが、特に問題はありませんでした



ホルスターに入れた時に見えるグリップがカッコよくて中々気に入りました(*‘ω‘ *)

次回はGEMTECH OASISと互換性のあるKJ WORKS製マガジンのレビューの予定です








  

2016年02月20日

APS airsoft製 DRAGONFLY BSPレビュー


こんばんは、前回の記事でGEMTECH OASIS用実物グリップの記事を書く予告をしたような気がしますが気のせいでしょう('ω')


今回レビューするのはこちらのAPS airsoft製 DRAGON FLY BSP




APS airsoft製のマルシン製ファイブセブンに続いて国内2つ目のCO2ブローバックハンドガンです

海外モデルはメタルスライドですが今回購入したものは日本仕様に樹脂スライドになっています






マルシン製ファイブセブンも持っていますが、グロックタイプが気になったので購入してみました









パッケージは珍しく樹脂製の箱に入っています








上蓋にはマガジンに関して注意書きのシールが貼ってあります








内容物は本体、マガジン、マニュアル、マグウェル、ボンベ交換用スクリュー、謎のOリングです











他には予約特典のサプレッサーアダプターと予備マガジンも購入しました











取り出して見た感じは普通にグロック17のカスタムタイプです

スライドはグロックよりも若干細身になっていてちょっとXDMっぽくも見えます





横のWARNINGシールは簡単に捲れます







セーフティはM870のようなトリガー押し込み式です、マガジンキャッチは大型化されていて押し易いです



個人的にはグロック本来のトリガーセーフティよりも一目で分かり、操作性も使い易いです







アウターバレルは金属製で刻印等は特にありません、そこはちょっと残念です(´・ω・`)









ホップアップダイヤルはマルイと同じくスライドの裏側です



分解方法は省略しますがマルイのグロックと同じです







バレル下部にはレールがついているので光学機器が取り付けれます









アウターバレルにはネジが切ってあり、オプションのアダプターを使うことでサプレッサーを取り付けられます



インナーバレルは銀色であまり目立たず良い感じです










サイトは集光アクリルファイバー式になっています







このタイプのサイトは初めてですが明るくてサイティングし易いです



狙い易いけど前後で色が違うし、見た目がちょっと派手なので個人的には微妙なところです(;'∀')













マガジンですが、使用するボンベはマルシン製CO2ガスボンベです



ファイブセブンと挿入方向が反対になっており、間違うと壊れてしまうそうなので注意が必要です







マルイ製グロックと並べて比較してみましたが明らかな違いはマガジンバンパーぐらいです














カスタムしたマルイグロック17と比較してみましたがスライドやグリップはDRAGON FLYの方が細身に感じます



マルイのグロックと比べると握りやすく、全体的な操作性も良いです







初速関しては0.2gバイオで約81~84m/sで安定しています



リコイルは マルイグロック<DRAGON FLY<マルシン製ファイブセブン というところ

リコイルは思っていたほど強くは無いですがCO2の安定性のおかげで連続発射してもブローバック速度も安定しています



弾道に関しては室内撃ちしかしていないのでまだ分かりません









マガジンの互換性ですが、DRAGON FLYでマルイ製マガジンを使用するとガスを噴き出してしまい、まともに撃てません



その逆に関しては一応可能でした、パッケージの注意シールにもあるように事故の恐れがあるので絶対に真似しないで下さい
法律的にもアレだったので絶対にマネしないで下さい







他にも互換性が無いか試してみたところ、とりあえずアウターバレルは互換性がありました



探せば他にもあるかもしれませんね








2つ目のCO2ガスブローバックハンドガンでしたが全体的に使い易くカスタムされていて、作動性も安定しています



サバイバルゲームに使用する為の問題点として、CO2問題があります

マルシンファイブセブンはOKというフィールドさんは多数ありますがDRAGON FLYが使用出来るかは予めフィールドさんに伺う必要があるでしょう

DRAGON FLYに関しては本体よりもマガジンに関して若干問題を抱えているので今後各フィールドさんでどういった対処をとるのか気になるところです














  
タグ :ハンドガン

2016年02月20日

TACTICAL SOLUTIONS製 ルガーシリーズ BLACK MAX HMK HOLSTER


こんばんは、今回の記事は前回レビューしたGEMTECH OASIS用ホルスターのレビューです(*‘ω‘ *)








今回購入したのはTACTICAL SOLUTIONS製 ルガーシリーズ BLACK MAX HMK HOLSTERのロウタイプです






TACTICAL SOLUTIONSというあまり聞いたことの無いアメリカのメーカー製です

実物のルガーMk.1.2.3に対応した樹脂製ホルスターです






内容物はマニュアルのみで、全文英語ですが写真付きなので特に問題は無いでしょう('Д')








ホルスターの質感はブラックホーク製によく似ています、表面はマットな仕上がりです



バレル位置に無駄な穴に見えますが、左右兼用なので左用に変える時にネジ穴を使用します







固定はベルトループのみで、6cmまで使用できます



ベルトループの位置は固定式で角度等は変えられません







とりあえず挿入してみましたが問題なくスルッと入りました、ガタツキや干渉もありません



ロック機能はありませんが固定ネジの締め付けで挟み込むテンションを調整出来ます

キチンと調整すれば逆さまにしても抜ける事はありませんでした









左用に変える時は4つのネジを左右反転して固定するだけです



注意事項としてはネジの長さやワッシャーが違うのでよく確認しておいた方が良いです








ホルスター上部は大きく開いているのでカスタムしてダットサイトやスコープを載せても干渉しなさそうです










折角なので他メーカーのサファリランドとブラックホークのロウモデルと比較('ω')





銃口の先端はほぼ同じですがグリップの位置はHMKのほうが圧倒的に高く、抜く時は正直ストロークが長い分かなり抜きにくいです(;'∀')

グリップの位置が高い上にバレルも長い為腕を高く上げる必要がありサファリやブラックホークに比べると時間が掛かりスピードシューティング等には不向きでしょう




正直本当にロウモデルか?っていうくらいにグリップの位置が高いです('Д')

HMKのベルトループは上着程度は干渉しませんが、プレキャリ等は干渉してしまうかもしれません







写真のグリップの話はまた次回!(*‘ω‘ *)